歯肉炎や口臭対策をしたい!

歯肉炎や口臭対策をしたい!

歯肉炎って・・・?

歯ぐきが腫れてムズムズしていませんか?

歯みがきをすると歯ぐきから出血しませんか?

もしかしたら歯肉炎かもしれません!!

歯肉炎を引き起こしているのは、

歯垢(プラーク)です。

このプラークの中の細菌が毒素を出すことで、

歯ぐきが炎症を起こします。

歯肉炎は、歯周病の中でも、

最も軽度の病気ですが、そのままにしておくと、

歯周病に進行する可能性があります。

歯周病とはこの炎症が広がり、

歯を支える骨が溶けてしまったり、

歯に食べ物が詰まりやすくなる、

口臭が強くなるなどの症状が現れます。

注意しなくてはなりませんね。

でも、基本的には歯ぐきの炎症は、

磨き残し(プラーク)が原因なので、

汚れをきれいに取り除くことによって

歯茎は引きしまり、健康な状態へと戻ります。

歯周病に進行する前に歯肉炎の対策をして、

口内環境を清潔に保ちましょう。

歯肉炎や口臭の対策はどうすればいいの?

歯肉炎や口臭対策には

この歯磨き粉がいい!!

毎日の歯みがきをしっかり行うことが重要です。

歯肉炎で炎症を起こしている歯ぐきに、

硬い毛の歯ブラシを使用すると

出血してしまいます。

柔らかい歯ブラシを選びましょう。

奥歯までしっかり優しく

ブラッシングしましょう。

そして、歯と歯の間の歯垢を取るために、

歯みがきの後はフロスを使ってください。

フロスとはナイロン製の糸状のものです。

通常の歯ブラシでは取り除きにくい

歯と歯の間に詰まった歯垢や食べかすなどを

絡め取ります。

歯間ブラシも色々売ってますよね。

歯のすき間の広さによって

サイズを揃えなくてはならないので、

私はフロスはとっても有効だと思います。

そして口臭改善に意外と忘れがちなのが

舌のお掃除です。

これが原因で口臭がある人が多いのです。

舌の汚れをキレイに落とすための

舌ブラシというのがあります。

舌にこびりついた「舌苔(ぜったい)」

などを取り除きます。

鏡で舌を見てください。

白くなっている場合は

舌苔の可能性があるので

舌ブラシを使ってみましょう。

あまりこすりすぎると逆に痛めますので、

優しくブラッシングしてください。

舌ブラシを持ってない方は、

歯みがき後に舌を歯ぶらしで

優しくこするのも有効です。

歯肉炎や口臭対策に効果のある歯みがき粉ってあるの?

何といっても毎日の歯みがきが

大切なんですが、

なたまめから作られた歯みがき粉を

使うことをおススメします。

なたまめはもともと漢方や

薬膳料理の素材として用いられ、

日本には江戸時代に伝わったとされています。

その中でもミネラル豊富な土壌と芳醇な水源が

湧き上がる薩摩地方で育つなたまめは

全島70センチにも達し、

栄養価もとっても高いんです。

特にアミノ酸の一種である特有成分

「カナバニン」が注目されています。

なたまめには溜まったものを

スッキリさせる効能があります。

のどがイガイガしたり口の中が

ネバネバしてニオイがするときなど

スッキリさせてくれます。

口の中を清潔にすることは

歯肉炎口臭対策にとっても効果的です。

毎日のブラッシングになたまめの歯みがき粉と

フロスを使うことによって

口臭がかなり改善されたと高評価なんです。

歯肉炎口臭に悩んでいる方にはおススメします。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする