歯周ポケットが深くならない為には、歯磨きが大切です!!

歯周ポケットが深くならない為には、歯磨きが大切です!!

あなたはきちんと歯磨きが出来ていますか?

歯垢がゴッソリ取れた!

歯周ポケットの歯磨きには

この歯ブラシ!

歯肉は健康な状態はほんの溝くらいの深さで、

歯と歯肉がピッタリと密着しています。

汚れや細菌が溝に溜まり、

歯周病菌が内部で炎症を起こすと、

この密着が次第に剥がれてしまいます。

そして炎症で溝の周囲の歯肉も

腫れて膨らむため、まるでポケットのような

袋状の空間が出来上がります。

これを歯周ポケットと呼んでいます。

歯周ポケットが深くなる原因の一つが歯垢です。

歯垢とは、細菌のかたまりの事です。

これが上手に取り除けていないと、

歯垢内の細菌が歯茎を炎症させ、

歯周ポケットが生まれてしまいます。

このポケットに汚れがたまると、

さらにポケットは深くなり歯周病も悪化します。

歯周病が進行すると歯周ポケット

どんどん深くなります。

このため汚れや細菌の量が多くなり

腫れやすくなってしまいます。

そして今度は治療の際に深い歯周ポケットから

歯石や汚れを取らなければなりません。

この様にならない為に、定期的な検診や

歯石取りが大切になってくるのです。

さらに、タバコを吸う習慣のある方は、

歯に大きなダメージを与えるので

気をつけたほうがいいです。

歯周ポケットは、細菌と体の免疫力の闘いで負けると、

より深くなってしまいます。

タバコは、歯茎の毛細血管を収縮するため、

免疫力を低下させ、細菌の活動を促してしまうので、

歯周ポケットが深くなってしまうのです。

では、歯周ポケットが深くならないためには何をすればいいでしょうか!?

歯ブラシやデンタルフロスを使用し、

できる限り汚れを取り除く事です。

プラークは毎回丁寧に取り除いていないと、

歯周ポケットは深くなるばかりです。

歯周ポケットを改善させるための

毎日の歯磨きはとっても重要なんです。

•柔らかい歯ブラシを使って歯磨き粉を上手に使いましょう

•歯や歯ぐきを傷つけずに丁寧に磨きましょう

•歯垢の取りにくい小さな隙間も細かく磨きましょう

•歯磨き粉は、泡立ち過ぎないようにしましょう

毎日の歯磨きの習慣の中で、

口の中を清潔にしておき、

歯垢を除去できる歯ブラシを使って、

初期段階で歯周ポケット

食い止めるようにしましょう!!