歯槽骨が溶けるとどうなってしまうの?

歯槽骨が溶けるとどうなってしまうの?

歯槽骨って何?

歯槽骨が溶ける!?

この歯みがき粉がおススメ!!

歯槽骨とは歯を支える土台のことを言います。

とっても重要なものなので、

この骨が溶けてしまうと歯が抜けてしまったりします。

歯が抜けてしまうと、突起していた歯槽骨は

吸収されて平らになってしまいます。

30代以上の日本人の8割以上は、

歯周病にかかっていると言われています。

歯周病とは、歯と歯肉に近い部分についた

歯垢の中にいる細菌によって引き起こされる病気です。

歯周病はある日突然、重度の症状が出るのではなく、

徐々に進行する病気です。

歯と歯茎の境目についた歯垢から、

歯の根にそって歯周病菌が入り込み、

歯を支えている周りの組織をじわじわと

壊していきます。

丁寧にブラッシングをしているつもりでも

歯垢はついてしまいます。

最初は歯茎が腫れたり出血するだけなのですが、

進行すると歯周ポケットと呼ばれる歯と

歯肉の境目が深くなり、歯を支える土台(歯槽骨)が

溶けて歯が動くようになり、最後は

抜歯をしなければいけなくなってしまいます。

重度になってから慌てて治療するのではなく、

早い段階から予防することが大切です。

歯周病予防には専門薬用プロポリスハミガキが有効です

「プロポリス」とは、植物の新芽や樹液と

自身の分泌液を混ぜ合わせて作る物質で、

フラボノイドやアミノ酸、各種ビタミン・ミネラルを

豊富に含んでいます。

プロポリスはミツバチが巣の抗菌、殺菌の為に

作り出すものです。

ミツバチの巣はきれいな状態に守られています。

プロポリスは、血行をよくする働きを持っていて

免疫機能も高めてくれるのです。

歯周病に効果のあるプロポリス入りの歯みがき粉を使って、

早めの歯周病予防をしましょう。

さらに、歯垢が付かないようにするには、

歯と歯のすき間などどうしても歯ブラシの毛先が

届かない場所の清掃に歯間ブラシ、

糸ようじ(デンタルフロス)などが効果的ですね。

マウスウォッシュやデンタルリンスを併せて使うと

あなたの大切は歯を守ることが出来ます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする