子どもの虫歯菌除去にはどんな方法がありますか?

子どもの虫歯菌除去にはどんな方法がありますか?

子どもはなぜすぐに虫歯になるの?

虫歯を治す歯みがき粉があるって知ってますか?

大人の虫歯は痛くないことが多いですが、

それは大人と子供は虫歯の出来る場所が

違うからです。

子どもの虫歯は歯の上部から

一気に進行します。

大人の虫歯は歯と歯ぐきの間から

来ることが多いのです。

歯の構造は下の図のようになっています。

エナメル質が歯を守っているのですが、

子どもの場合はこれが弱いんです。

内側の象牙質はさらに弱いために

上部から一気に虫歯が進行してしまうんです。

大人の場合はエナメル質が強く、

上部は虫歯になりづらいです。

歯ぐきが弱って下がり、

弱い象牙質が露出してしまい、

そこからじわじわ虫歯になる

と言うケースが多いのです。

なぜ痛くないかというと、

じわじわ虫歯が進行すると、

歯は痛みから逃れるために

神経が象牙質を作ります。

神経が細くなり、象牙質が太くなり、

そのため虫歯は神経になかなか到達しません。

なので痛くないんです。

痛くなるころには虫歯が

かなり進行しているということです。

日本初!虫歯菌除去成分『BLIS M18』配合

子供用歯磨き粉【ブリアン】

⇒公式サイトはこちら

子どもの虫歯はどうして感染するの?

虫歯は厄介な病気です。

放っておいても治りません。

子供の場合は、乳歯が虫歯になると

永久歯にも影響が出るでしょう。

子供の口内に自然に

虫歯菌が発生することはありません。

実は子供が虫歯になるのは、

大人から虫歯菌が感染するからです。

虫歯菌はだ液とともに口から口へと移ります。

赤ちゃんの口の中に大人のだ液が入ると、

虫歯菌に感染してしまいます。

スキンシップのひとつとして

赤ちゃんにキスをする方は多いですが、

これも虫歯菌が移る原因なのです。

また、離乳食が始まると、

お母さんが自分のはしやスプーンで

赤ちゃんに食べものを与えることもあると思いますが、

これもまた、虫歯菌が移るルートになります。

年配の方には自分が噛んで柔らかくしたものを、

赤ちゃんにあげたがる人もいるでしょう。

これが最も虫歯が移りやすい行為です。

気をつけましょう。

虫歯菌を除去するには?

口の中に食べものがいつまでも入っていると

虫歯になりやすいです。

子供が小さいうちは食事時間が安定しません。

また、おやつの時間を決めないと

いつまでも食べている子供もいるでしょう。

虫歯菌の繁殖を防ぐために、

食事やおやつは時間を決めてください。

虫歯になりにくいチョコで

どもの虫歯を防ぎましょう!!

また、食事の後は口をすすぎましょう。

歯をみがく時間がなくても、

口をすすぐだけで食べかすが取れます。

子供の歯は1日1回丁寧にみがいてあげましょう。

しっかり歯みがきをしてあげてください。

歯ブラシは年齢にあったものを使いましょう。

大きすぎたり小さすぎたりする

歯ブラシでは上手に磨けません。

また、キシリトール入りのガムを噛むと

だ液が分泌されて口の中が清潔になります。

虫歯予防の方法として

殺菌剤や洗浄剤は虫歯菌を除去してくれます。

でも虫歯菌をすべて除去することは出来ません。

実は、虫歯予防に効果的とされているフッ素も

あまり効果が無いともいわれています。

しかし、虫歯菌除去に新しく発見された

新成分があるんです。

虫歯菌除去成分「MLIS M18」と言う

虫歯になりづらい新成分です。

虫歯菌除去の歯みがき粉を

頼んでみました

一度口に虫歯菌がはいっても

虫歯菌を減らし虫歯を予防してくれる効果が

確認されています。

虫歯菌の餌となり増殖させる原因となる歯垢も

取り除いてくれる働きがあり、

まさに夢のような虫歯予防成分なんです。

これはすごい発見ですね!!

これを配合された歯磨き粉が「ブリアン」なんです。

この歯磨き粉「ブリアン」を使って

お子さんの虫歯菌を除去しましょう!!

日本初!虫歯菌除去成分『BLIS M18』配合

子供用歯磨き粉【ブリアン】

⇒公式サイトはこちら