自宅で歯を白くしたい!どうしたらいいの?

自宅で歯を白くしたい!どうしたらいいの?

どうして歯が黄色くなって来るの?

自宅で白い歯を手に入れた!

この歯磨き粉がおススメ!!

いつの間にか歯が黄色くなってきて、

人前で笑えないと悩んでいませんか?

歯が黄色くなっている原因と言えば、

着色成分であるポリフェノールや

タンニンを持っているワイン、お茶、

コーヒーなどがあります。

毎日の生活の中で愛飲しているものです。

歯が黄色くで見えるのは、

エナメル質のダメージによるものだけでなく、

食事の際に付着した「着色汚れ」が原因なんです。

コーヒーや紅茶、赤ワインなどをよく飲む人は、

「ステイン」と呼ばれる着色汚れが

歯の黄ばみの原因を生んでしまいます。

カレー、ミートソース(スパゲッティ)、

キムチ、ネギ、にんにく、柑橘系の果物、

ベリー系の果物、チョコレート、コーヒー、

紅茶、赤ワイン、烏龍茶、抹茶、ジュース類、

コーラ、ココア、醤油、ソース、味噌、

ケチャップ、からし、わさび・・・

歯が黄色になりやすいのはこんなに沢山あります。

でも、これらを取らないようになんて出来ませんよね。

自宅で歯を白くするにはどんな方法があるの?

対策として、まずは着色汚れの付きやすい食べ物を

口にしたあとは口の中を水でゆすぎましょう。

また、口の中が渇くと汚れが付きやすくなるため、

ガムを噛んで口内を潤すことで、

汚れの付着を防いでくれます。

これをするだけでもかなり有効です。

でも、歯の黄ばみを取る上で一番厄介なのが、

たばこのヤニと言われてます。

たばこをよく吸う人は、たばこのヤニによって

歯の黄ばみがひどくなってしまいます。

また、口臭の原因にもなり、歯周病にかかりやすく、

悪化もしやすいといわれています。

たばこを吸った後は、水で歯に付いたタールを

洗い流しキシリトールのガムを噛むといいでしょう。

ガムを噛むことで、ガムが歯についたヤニを

取ってくれます。

自宅で歯を白くしたい方は、

まずは歯を白くする歯磨き粉を

選んで使ってみましょう。

寝る前の歯磨きが大切です。

しっかり一日の汚れを落としましょう!

自宅で歯を白くすることが可能です。

それでも全く効果がない場合は、

歯医者さんに行って「歯のクリーニング」や

「ホワイトニング」という方法があります。

「歯のクリーニング」は高圧塩水を歯に

あてることにより、歯の黄ばみやたばこのヤニを

取ってくれます。

高圧塩水を歯にあてることにより、

特に塩パワーが摩擦で

強力に洗浄してくれます。

完全にきれいに取れるわけではありませんが、

気にならないほどヤニを取り、

歯を白くしてくれます。

1回3,000円くらいで出来ます。

でも、もっと白くしたい場合は、

「ホワイトニング」という方法がありますが、

こちらは2万円から5万円ほどかかります。

ただ、歯医者さんでホワイトニングをしても

斑に白くなったと言う声もあります。

まずは、毎日の歯磨きに

自宅で歯を白くする歯磨き粉を

プラスしてみてはいかがでしょうか!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする