入れ歯を付けた時の口臭!何とかならないの?

入れ歯を付けた時の口臭!何とかならないの?

入れ歯の臭いってすごく気になりますよね。

どうしてそんなに臭いのでしょう・・・

入れ歯の臭いの原因はお手入れ不足です。

入れ歯は汚れがつきやすく、

不潔になって口臭の原因となりやすいのです。

まず、食事のたびにきれいに洗うことを

習慣づけることがお手入れの基本です。

入れ歯に付着した汚れは口の中と同様、

プラーク(細菌)が原因です。

プラークはうがいでは取れません。

入れ歯の臭いは、きちんと正しい方法で

お手入れをすれば改善します。

⇒入れ歯の口臭が消えた!

この歯みがき粉はおススメ!!

入れ歯の臭いを消しましょう!!

まず、入れ歯をぬるま湯で洗います。

次に入れ歯専用ブラシを使用し洗って

ください。

プラスチックが傷つかないよう歯磨き粉は

つけず、 入れ歯専用の歯ブラシを使って

ていねいに洗うことが大切です。

入れ歯洗浄剤を併用すると高い清掃効果が

得られます。

入れ歯をしているから、歯磨きはしなくても

いいのか、といえばそれは間違いです。

歯茎の部分や、歯茎と頬の間には細菌や

食べカスがたくさん詰まっています。

柔らかい歯ブラシを使って、

丁寧に歯磨きを行いましょう。

部分入れ歯は針金やその周辺に汚れが

停滞しやすいので忘れずにブラシで洗います。

入れ歯の材質の大半はプラスチックです。

プラスチックは使用していると

においを吸収してしまうのが特徴です。

吸収されたにおいは口臭の原因になります。

入れ歯の臭いは入れ歯洗浄剤で取り除く事が

可能です。

重要なのは、入れ歯をつけっぱなしにして

寝ることをやめることです。

寝ている間は起きているときと比べて

唾液の分泌量が極端に減少しています。

そのため、雑菌が繁殖しやすい状態に

なっているので口の臭いが強くなって

しまいます。

入れ歯による口臭の予防対策は、

入れ歯や差し歯は虫歯にならないからと

言って日ごろの手入れを怠っては

いけません!

 毎日洗っても臭う場合は歯科医に

相談しましょう。

プラークは歯ブラシで落ちますが、

プラークが石灰化した歯石は歯科医院で

除去してもらう必要があります。

歯石は口臭だけでなく、

虫歯や歯周病などのリスクも高めます。

毎日の入れ歯のお手入れとともに、

半年に一度は定期健診で歯科医院に通い、

入れ歯とともに自分の歯もケアして

もらうことが、におい対策だけではなく

健康管理にもつながります。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする