歯の隙間が黒いのはなぜ?

歯の隙間が黒いのはなぜ?

いつの間にか歯の隙間が黒くなって来ました

虫歯だと思って歯医者さんに行きました。

でも、治療の必要はありませんと言われました。

小学生の頃、学校で歯科検診をやりますよね。

C1からC4まで診断されますね。

C1だと治療の必要は無く、

様子見だと言われます。

歯の隙間が黒くてもこのくらいだと

治療をしないんです。

ただ、進行する可能性があるので、

しっかりケアをしなくてはなりません。

もう虫歯菌がお口に入っても大丈夫!

虫歯菌を除去する歯みがき粉の

⇒公式サイトはこちら

どうすれば虫歯の進行を防げるの?

虫歯の原因としては、

1 歯垢が除去出来ていない

2 口の中の虫歯菌の活動が盛ん

などが考えられます。

放っておくとどんどん進行し、

将来的に神経にまで達してしまいます。

歯周病も発症してしまいます。

虫歯の進行を妨げるのには

歯磨きが重要になってきますね。

歯周病ってどんな病気?

30代以上の日本人の8割以上は、

歯周病にかかっていると言われています。

歯周病は、歯周ポケットの中に溜まった歯周病菌が、

歯の周りの骨をどんどん溶かしていく病気です。

歯石は細菌をたくさん含んでいるため

歯茎が腫れる原因になり、歯茎が腫れると

歯周ポケットが深くなっていきます。

こうして広くなってしまった歯周ポケットに、

歯石がどんどん溜まり、

骨を溶かしてゆきます。

歯周病が悪化しすぎると、

骨が歯を支えきれなくなってしまうので、

抜歯をしなければならなくなります。

歯周病予防には毎日の歯みがきが

とっても重要です。

歯周病になりやすいのは歯と歯ぐきの間、

歯と歯の間の歯垢なんです。

これを取るには歯ブラシでの掃除の後に

歯間ブラシやデンタルフロスを使うことを

おススメします。

歯間ブラシは、歯間に細いブラシを入れて

磨くものです。

歯間ブラシを併用すると、

歯ブラシだけでの歯磨きに比べ、

歯垢除去率が上がります。

歯ブラシだけだと58%と言われていますが、

歯間ブラシを併用すると95%にまで

上がるそうなんです。

歯と歯の間は歯間ブラシを使って

歯垢にならないように丁寧にお掃除しましょう!!

虫歯菌を除去する歯みがき粉があります

ブリアンは虫歯菌除去が可能な歯みがき粉です。

虫歯にならない子供たちの

わずか2%だけが持っていると発見されたのが、

『BLIS M18』という虫歯菌除去成分です。

この成分は、すでに海外の多くの論文に

掲載されている科学的なものです。

この虫歯菌除去成分『BLIS M18』は、

虫歯の原因菌を追い出し、虫歯を防ぐ効果が

あるそうです。

この虫歯菌除去成分『BLIS M18』を

子供用の歯磨き粉に日本で初めて採用した

歯磨き粉がブリアンなのです。

ブリアンは口内環境に住みついた虫歯菌を

除去し虫歯になるのを予防してくれます。

虫歯菌が繁殖するための虫歯菌のエサとなる

歯垢も同時に除去してくれます。

日本産業新聞でも掲載され、

注目されている子供用歯磨き粉なんです。

日本初!虫歯菌除去成分『BLIS M18』配合

子供用歯磨き粉【ブリアン】

レビューはこちらからどうぞ

ブリアン

大人も使えますよ!!

歯と歯の間が黒い!白くしたい!!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする