歯ぐき下がりにはブラッシングと歯磨き粉でケアしましょう!

歯ぐき下がりにはブラッシングと歯磨き粉でケアしましょう!

何となく歯ぐきが下がって来たような気がする・・・?

そんなお悩みをお持ちではありませんか?

歯磨きの時、強く磨きすぎていませんか?

歯ぐきが傷つき下がってしまいます。

歯ぐきは軟らかい為に、硬い歯ブラシや

磨き方が強いと 傷ついてしまいます。

歯がしみることもあり、虫歯と間違い、

さらに一生懸命磨いてしまって、

もっと歯ぐきが下がってしまうことも

あります。

歯磨きが原因で歯ぐき下がりの場合は、

歯ブラシを柔らかいものに変え、

細かく優しくブラッシングしてみてください。

歯ぐきが戻って来ます。

歯ぐき下がりは要注意!

毎日のブラッシングにはこの歯みがき粉!

ところが・・・

歯ぐきから出血したり腫れたり

痛かったりしていませんか?

歯と歯の間を歯間ブラシなどで

こすった時に 強烈なニオイがしたり

していませんか?

心当たりのあるあなたは歯周病かもしれません。

30代以上の8割が歯周病にかかっていると

言われています。

歯周病とは、歯と歯肉に近い部分についた

歯垢(プラーク)の中にいる細菌によって

引き起こされる病気です。

歯周病はある日突然、重度の症状が

出るのではなく、徐々に進行する病気です。

歯と歯ぐきの境目についた

歯垢(プラーク)から、

歯の根にそって歯周病菌が入り込み、

歯を支えている周りの組織をじわじわと

壊していきます。

丁寧にブラッシングをしているつもりでも、

歯垢はついてしまいます。

最初は歯ぐきが腫れたり出血するだけ

なのですが、

進行すると歯周ポケットと呼ばれる

歯と歯肉の境目が深くなり、

歯を支える土台(歯槽骨)が

溶けて歯が動くようになり、

最後は抜歯をしなければいけなく

なってしまいます。

歯を失う最も多い原因が歯周病なのです。

歯周病は、

歯周病菌と体の抵抗力のバランスが

崩れた時に進行してしまいます。

風邪を引いて熱を出した時などに

歯ぐきが腫れたりしませんか?

そんなときは要注意です!!

これ以上歯ぐき下がりがないように、

また歯が抜けないように

ケアするしかありません。

まずは、歯医者で定期的に歯石を

除去してもらいます。

その後は、自宅でケアします。

普段から毎日のブラッシングが重要です。

どんな歯ブラシと歯磨き粉がいいの?

柔らかく細い歯ブラシで、

一本一本丁寧にブラッシングします。

わかってはいるけど忙しくて・・・と

1分くらいで

歯磨きを済ませていませんか?

簡単なようで中々出来ない方が多いと

思いますが、夜だけでもテレビを見ながら

30分くらいはケアをして、大切な歯を

守って行きましょう。

さらに、歯周病専門の歯磨き粉を使えば

かなり効果的です。

プロポリスと歯、密蜂が巣を保護するために

侵入者や病原菌から守るために

作りだす物質の事です。

歯肉炎、歯槽膿漏の予防、虫歯の発生

及び進行の予防、

口中を浄化・爽快にする歯磨き粉なんです。

ブラッシングの後は、

必ず歯間ブラシやデンタルフロスなどで

歯と歯の間を綺麗に掃除をしていきましょう!!