歯ぐきから膿が出てきて痛くありませんか?

歯ぐきから膿が出てきて痛くありませんか?

朝起きたら何だか口の中がネバネバしていませんか?

歯ぐきから膿が出て痛い時に

効果がある歯ブラシはこれ!

不快な臭いが口の中を充満していませんか?

そんなあなたはもしかしたら

歯周病かも知れません!

歯周病とは、

歯と歯ぐきに近い部分についた

歯垢の中にいる細菌によって

引き起こされる病気です。

歯周病はある日突然、重度の症状が

出るのではなく、徐々に進行する病気です。

歯と歯ぐきの境目についた歯垢から、

歯の根にそって歯周病菌が入り込み、

歯を支えている周りの組織をじわじわと

壊していきます。

丁寧にブラッシングをしているつもりでも、

歯垢はついてしまいます。

最初ははぐきが腫れたり出血するだけなのですが、

進行すると歯周ポケットと呼ばれる

歯と歯肉の境目が深くなり、歯を支える

土台(歯槽骨)が溶けて歯が動くようになり、

最後は抜歯をしなければいけなくなってしまいます。

30代以上の日本人の8割以上は、

歯周病にかかっていると言われています。

歯ぐき膿んで痛いのは、歯槽部で

歯を支えている周囲の組織が炎症を起こし、

膿がたまって来ているからです。

歯肉や歯槽骨など,歯を支えている組織が

歯と接する歯肉の辺縁部から

破壊されていきます。

歯ぐき膿んでしまうと、歯ぐきが腫れて

痛みを伴い、歯ぐき膿でブヨブヨになります。

さらに口臭があり、進行すると歯が

抜けてしまいます。

あなたは下記の中でいくつ該当しますか?

● 朝起きたとき、口の中がネバネバする。

      歯ぐきから膿が出てきた。

● 歯のブラッシング時に出血する。

● 口臭が気になる。

● 歯ぐきがむずがゆい、または痛い。

● 歯ぐきが赤く腫れている。

(健康的な歯肉はピンク色で引き締まっています)

● 硬い物が噛みにくい。

● 歯が長くなったような気がする。

● 前歯が出っ歯になったり、歯と歯の間に隙間がでてきた。

      食物が詰まる。

3つ当てはまると歯周病予備軍です。

6つ当てはまると歯周病が進行している

可能性があります。

全部当てはまるとかなり進行しています。

放っておくと歯が抜け落ちてしまいます。

歯ぐきから膿が出てきて痛い時はどうすればいいの?

重度になってから慌てて治療するのではなく、

早い段階から予防することが大切です。

歯ぐきから膿が出てきたのを治すには、

まずは丁寧なブラッシングがおススメです。

ブラッシングをしても治らない場合は

歯医者さんに行って歯石を除去してもらいましょう。

その後は毎日の歯みがきが重要になって来ます。

歯垢が付かないようにするには、

柔らかい歯ブラシを使って一本一本

丁寧に歯磨きをします。

歯と歯のすき間などどうしても

歯ブラシの毛先が届かない場所の清掃に

歯間ブラシ、糸ようじ(デンタルフロス)などが

効果的ですね。

 
歯ぐきのトラブルを解消して、

キュッと引き締まった歯ぐきにしましょう!