歯ぐきが痛い時はどんな歯ブラシを使えばいいの?

歯ぐきが痛い時はどんな歯ブラシを使えばいいの?

歯ぐきがじんじん痛い時はどうすればいいの?

痛みが取れた!歯ぐきが痛い時に

効果がある歯ブラシはこれ!

歯ぐきの痛みがあると言うことは、

歯ぐきが腫れたりムズムズしたり

していませんか?

歯磨きをすると歯ぐきから出血しませんか?

もしかしたら歯肉炎かもしれません!!

歯肉炎を引き起こしているのは、プラークです。

このプラークの中の細菌が毒素を出すことで、

歯ぐきが炎症を起こします。

歯肉炎は、そのままにしておくと、

歯周病に進行する可能性があります。

歯周病とはこの炎症が広がり、

歯を支える骨が溶けてしまったり、

歯に食べ物が詰まりやすくなる、

口臭が強くなるなどの症状が現れます。

注意しなくてはなりませんね。

歯周病が進行すると歯周ポケットも

どんどん深くなります。

さらに、汚れや細菌の量が多くなり

腫れやすくなってしまいます。

そして今度は治療の際に深い歯周ポケットから

歯石や汚れを取らなければなりません。

歯周病に進行する前に

歯肉炎をケアして、口内環境を

清潔に保ちましょう。

基本的には歯茎の炎症は、

磨き残しが原因なので、汚れをきれいに

取り除くことによって歯ぐきは引きしまり、

健康な状態へと戻ります。

歯ぐきの痛みには何といってもセルフケアが重要です。

歯肉炎で炎症を起こしている歯ぐきに、

硬い毛の歯ブラシを使用すると出血するので、

柔らかな歯ブラシを選びましょう。

ヘッドの小さな歯ブラシで奥歯まで

しっかり優しくブラッシングしましょう。

歯ブラシは、プラークを除去するだけでなく、

歯ぐきをマッサージする効果もあります。

ブラッシングの仕方で、

プラーク除去の効果は大きく違ってきます。

柔らかめの歯ブラシを使用して、

歯ブラシを歯と歯ぐきの間に当て、

歯ぐきをマッサージすることです。

デンタルフロスを用いて歯と歯の間の

プラークを取り除くことは、

歯肉炎にとって非常に効果的です。

デンタルフロスや歯間ブラシで

一つ一つの歯間を丁寧にケアして

いきましょうね。

歯ぐきには多くの毛細血管やリンパ管が

密集していて、ここが滞っていると

不純物が排出できず歯周病や痛みの

原因となります。

歯ぐきをマッサージすることにより、

血液やリンパの流れが促進され、

不純物を排出できます。

歯ぐきをマッサージすると

血行が良くなるだけでなく、

唾液の分泌が促されて口の中の細菌を

洗い流してくれる効果があります。

これは歯肉炎だけでなく、虫歯の予防にもなります。

健康な歯といつまでも付き合っていけるように、

歯肉マッサージも習慣にしてみましょう。

歯ブラシでのマッサージが痛い時は、

指でのマッサージも効果的です。

歯ぐきマッサージは歯ぐきの血行を良くして

歯肉炎の原因となる菌に対して

抵抗力を増すことと、歯肉炎の症状を

緩和することができます。

マッサージすることによって、

血管やリンパ液の流れを

促進することができ、

歯ぐきを活性化できるのです。

私は歯ぐきの腫れには指に歯磨き粉をつけて

歯ぐきをマッサージします。

これはかなり効果的ですよ!

一週間くらい続けると

歯ぐきが引き締まって来ます。

歯ぐきが痛い。もしかしたら歯肉炎かも・・・?

と思ったら柔らかい歯ブラシと指を使った

マッサージで引き締まった歯ぐきを

目指しましょう!!