歯が真っ黄色で困っています。白くするには・・・?

歯が真っ黄色で困っています。白くするには・・・?

歯が真っ黄色になるのはなぜなの?

ずっと気になっていた歯の黄ばみですが、

友人に「歯が真っ黄色だね」と

指摘されました。

友人は冗談交じりに言ったのですが、

私はショックで顔が引きつっていたと思います。

毎日歯ブラシと歯間ブラシで

しっかり磨いていたのですが、

どんどん歯が黄色くなっていきました。

人前で笑えません。

話す事も躊躇しちゃいます。

そんな私が色々な物を試して

歯を真っ黄色から解放してくれた

歯みがき粉をお教えします!!

歯が劇的に白くなる?!

リリーホワイト

⇒公式サイトはこちら

なぜ、歯が真っ黄色になってしまうのでしょうか!!

歯が真っ黄色の原因と言えば、

着色成分であるポリフェノールやタンニンを

持っているワイン、お茶、コーヒー

などがあります。

歯が真っ黄色に見えるのは、

エナメル質のダメージによるものだけでなく、

食事の際に付着した「着色汚れ」が

原因なんです。

コーヒーや紅茶、赤ワインなどを

よく飲む人は、「ステイン」と呼ばれる

着色汚れが歯の真っ黄色の原因を

生んでしまいます。

私も1日に2~3杯はコーヒーを飲んでいます。

これも原因のひとつだとは思いませんでした。

他にも

カレー、ミートソース(スパゲッティ)、

キムチ、ネギ、にんにく、柑橘系の果物、

ベリー系の果物、チョコレート、コーヒー、

紅茶、赤ワイン、烏龍茶、抹茶、ジュース類、

コーラ、ココア、醤油、ソース、味噌、

ケチャップ、からし、わさび・・・

歯が黄色くなりやすいのはこんなに沢山あります。

ちょっと驚きですね。

でも、これらを取らないようになんて

出来ませんよね。

対策として、

1 着色汚れの付きやすい食べ物を

  口にしたあとは、口の中を水で

  ゆすぎましょう。

2 口の中が渇くと汚れが付きやすく

  なるため、ガムを噛んで口内を

  潤すことで、汚れの付着を

  防いでくれます。

これをするだけでもかなり有効です。

でも、歯の黄ばみを取る上で一番厄介なのが、

たばこのヤニと言われてます。

たばこをよく吸う人は、たばこのヤニによって

歯の黄ばみがひどくなってしまいます。

また、口臭の原因にもなり、

歯周病にかかりやすく、

悪化もしやすいといわれています。

昔のように白い歯を取り戻したい!!

自宅でたばこによる歯の黄ばみを

解消したいという方は、

まずは、歯を白くする歯磨き粉を選んで

使ってみましょう。

寝る前の歯磨きが大切です。

しっかり、一日の汚れを落としましょう!

喫煙習慣のある人は、たばこを吸った後は

水で歯に付いたタールを洗い流し、

キシリトールのガムを噛むといいでしょう。

ガムを噛むことで、ガムが歯についたヤニを

取ってくれます。

それでも全く効果がない場合は、

歯医者さんに行って「歯のクリーニング」や

「ホワイトニング」をしてもらいましょう。

「歯のクリーニング」は高圧塩水を

歯にあてることにより、

歯の黄ばみやたばこのヤニを取ってくれます。

高圧塩水を歯にあてることにより、

特に塩パワーが摩擦で強力に洗浄してくれます。

完全にきれいに取れるわけではありませんが、

気にならないほどヤニを取り、

歯を白くしてくれます。

1回3,000円くらいで出来ます。

LEDライトを使った自宅で出来る

ホワイトニングも販売されていますね。

これは5,800円で買えます。

「ホワイトニング」という方法がありますが、

こちらは2万円から5万円ほどかかります。

歯の状態によっても違いますので、

気になる方は、一度歯医者さんに

相談してみてはいかがでしょうか。

でも、せっかく歯の黄ばみが取れても、

たばこを吸い続けているとまた黄ばんできます。

禁煙が一番いいのですが、

どうしてもやめられないという方には、

電子たばこをお勧めします。

今フィリップスのアイコスが

流行っていますが、コンビニでは

中々手に入れるのが難しくなっています。

そんなになぜ人気があるのかと言いますと、

電子たばこはたばこの有害性の根源である

「タール」を9割以上削減出来るからなんです。

歯の黄ばみをもたらすヤニの原因となるのは

タールなんです。

電子たばこに変えるのもひとつの方法ではないでしょうか。

家で歯を白くする方法はあるの?

歯医者さんでのホワイトニングも

完璧に白くなる場合だけではなくて

まだらになったと言う声も多数あるんです。

出来れば自宅で歯を白くしたいですよね。

北欧スウェーデン生まれの

3分ホワイトニングの

リリーホワイトなら

毎日の歯磨きにプラスするだけで

歯を白く出来ます。

歯の表面に付いた紅茶、コーヒー、

タバコのヤニ等のステインを除去します。

大手ホワイトニングクリニックでも

使われている「ポリリン酸」が、

歯の汚れ“ステイン”を落とし、

再付着を防止することで、

白く輝く歯に導きます。

歯を傷つけずに白くなっていきます。

歯ぐきの腫れや歯肉炎、口臭予防にも

大活躍なんです。

実は私はこの方法で悩みの種だった

歯が真っ黄色から解放されたんです。

真っ白までは行っていませんが、

人前で笑うことも平気になりました。

歯が真っ黄色で悩んでいる方は

歯医者さんに行く前に一度試してみるといいですよ!!

追記

一般的な歯磨き粉でも

歯の着色汚れを少しは落とせます。

でも、一般的な歯磨き粉には、

歯が真っ黄色となる原因になる

「ステイン」や「その他の着色汚れ」を

“磨いて落とす”研磨剤が含まれているので

その効果で歯が白く見えているのです。

その結果、研磨剤が配合された歯磨き粉で

磨き過ぎると、歯の表面のエナメル質が傷つき、

その下にある象牙質(黄色みががった白色)が

浮き出て益々黄色く見えてしまったり、

歯の表面が傷つくことで着色物が

付着しやすくなってしまうのです。

リリーホワイト

研磨剤を使っていないので

安心して使用することが出来ますよ!!

コーヒーに漬けた卵の殻に

リリーホワイトを塗布すると、

わずか1分弱で汚れが浮き出てきました。

3分経過後洗い流すと真っ白になりました。

リリーホワイトに配合されている

ポリリン酸ナトリウムは

歯科医院でも用いられている成分で、

歯の表面の着色を除去する

クリーニング効果が期待できます。

ポリリン酸ナトリウムは、

食品にも含まれる安全性の高い成分で、

歯石を防ぐ薬用歯磨きの

原料などにも使われています。

モニター定期コースならずっと

2,000円offの3,980円

送料無料

効果に自信があるから

1回での解約もできます。

歯が真っ黄色だと

不衛生な印象を与えてしまいます。

歯は、本来白くあるものという

イメージが強いため、歯が真っ黄色だと

印象が良くありません。

同じ顔立ちの人でも、

歯の色で印象が違います。

可愛い人や美青年でも、

歯の黄ばみがあるせいで台無しになることも

多いので注意が必要です。

反対に、歯が白いことは良い印象を

相手に与えることができます。

笑顔がすてきな人は、

歯も白くて美しいですよね。

歯が真っ黄色で悩んでいる方は

リリーホワイト

試してみるといいですよ!!

リリーホワイト

医薬部外品です。

医薬部外品とは

医薬品に準ずるものと定められており、

有効成分により改善効果があると

国から認められている商品を指します。

なので、安心して使えますね!

公式サイトなら

2,000円オフでご利用できます!

いつでも解約出来るので、

気軽に試すといいですね。

リリーホワイト

今まで取れなかった歯の黄ばみが

無くなった!!

⇒公式サイトはこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする