歯が黄色い!白くしたい!!

歯が黄色い!白くしたい!!

どうして歯が黄色になってくるの?

いつの間にか歯が黄色になってきて

悩んでいませんか?

歯が黄色くなっている原因と言えば、

着色成分であるポリフェノールや

タンニンを持っているワイン、お茶、

コーヒーなどがあります。

毎日の生活の中で飲んでいるものです。

歯が黄色に見えるのは、エナメル質の

ダメージによるものだけでなく、

食事の際に付着した「着色汚れ」が

原因なんです。

コーヒーや紅茶、赤ワインなどをよく飲む人は、

「ステイン」と呼ばれる着色汚れが

歯の黄ばみの原因を生んでしまいます。

カレー、ミートソース(スパゲッティ)、

キムチ、ネギ、にんにく、柑橘系の果物、

ベリー系の果物、チョコレート、コーヒー、

紅茶、赤ワイン、烏龍茶、抹茶、ジュース類、

コーラ、ココア、醤油、ソース、味噌、

ケチャップ、からし、わさび・・・

歯が黄色になりやすいのはこんなに沢山あります。

歯を白くするにはどんな方法があるのでしょうか?

歯が黄色い!私の歯もこれで白くなった!!

着色汚れの付きやすい食べ物を

口にしたあとは口の中を水でゆすぎましょう。

また、口の中が渇くと

汚れが付きやすくなるため、

ガムを噛んで口内を潤すことで、

汚れの付着を防いでくれます。

これをするだけでもかなり有効です。

でも、歯の黄ばみを取る上で一番厄介なのが、

たばこのヤニと言われてます。

たばこをよく吸う人は、たばこのヤニによって

歯の黄ばみがひどくなってしまいます。

また、口臭の原因にもなり、

歯周病にかかりやすく、

悪化もしやすいといわれています。

たばこを吸った後は、

水で歯に付いたタールを洗い流し、

キシリトールのガムを噛むといいでしょう。

ガムを噛むことで、ガムが歯についたヤニを

取ってくれます。

自宅で歯を白くしたい方は、

まずは歯を白くする歯磨き粉を

選んで使ってみましょう。

寝る前の歯磨きが大切です。

しっかり、一日の汚れを落としましょう!

そしてその後、歯を白くする歯磨き粉を

つかってブラッシングしましょう。

歯が白くなったと人気のある歯みがき粉は

薬用ちゅらトゥースホワイトニングです。

私も使っていますが、少し白くなってきています。

続けようと思っています。

毎日の歯磨きに歯を白くする歯磨き粉を

プラスしてみてはいかがでしょうか!

歯を白くして人前で気にせず

笑えるようにしましょう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする