歯がぐらついてきた・・・!?

歯がぐらついてきた・・・!?

あれ?気が付いたら歯がぐらついてきた!何とかしなきゃ!

歯がぐらついて来た!この歯磨き粉で防ぐ!!

歯ぐきが腫れたり出血が続いたり・・・

それを放っておいて気づいたら

歯がぐらついてきたという方は要注意です!!

あなたは歯周病にかかっているかもしれません。

歯を磨くと歯ぐきから血が出て、

ものすごいニオイがある場合も

歯周病を疑いましょう。

歯周病は歯を支えている周りの骨が

溶けていく病気です。

歯茎が腫れたり、歯がぐらついてきたりして、

最後は周りの骨が歯を支えられなくなり

抜けてしまう病気です。

歯周病とは?

30代以上の8割が歯周病にかかっていると

言われています。

歯周病とは、歯と歯肉に近い部分についた

歯垢(プラーク)の中にいる細菌によって

引き起こされる病気です。

歯周病はある日突然重度の症状が

出るのではなく徐々に進行する病気です。

歯と歯茎の境目についた歯垢(プラーク)から、

歯の根にそって歯周病菌が入り込み、

歯を支えている周りの組織を

じわじわと壊していきます。

歯を失う最も多い原因が歯周病なのです。

歯周病は、歯周病菌と体の抵抗力のバランスが

崩れた時に進行してしまいます。

風邪を引いて熱を出した時などに

歯ぐきが腫れたりしませんか?

そんなときは要注意です!!

どうすれば歯周病を防げるの?

対策として、口の中を常に清潔にしておく

必要があります。

歯垢を取り除こうと、

強く磨きすぎていませんか?

硬い歯ブラシや磨き方が強いと

歯垢はきれいに取れません。

歯ぐきだけを痛めてしまいます。

余計に歯がぐらついてきてしまいます。

歯ブラシを柔らかいものに変え、

細かく優しくブラッシングしてみてください。

歯と歯の間や奥歯の裏側など細かく磨きます。

歯ぐきの腫れが引いて来れば

歯が抜けるのを防げます。

歯周病専用の歯磨き粉を使って

一本一本丁寧に歯磨きをする事が

歯を守る一番の対策です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする