50歳で歯垢がたまると歯周病になります。早めのケアを!!

50歳で歯垢がたまると歯周病になります。早めのケアを!!

歯垢をためないようにするには・・・

歯肉は健康な状態では、

溝程度の深さで、

歯と歯肉がピッタリと

密着しています。

汚れや細菌が溝に溜まり、

歯周病菌が内部で炎症を起こすと、

この密着が次第に剥がれてしまいます。

そして炎症で溝の周囲の歯肉も腫れて

膨らむため、まるでポケットのような

袋状の空間が出来上がります。

これを歯周ポケットと呼んでいます。

歯周ポケットが深くなる原因の一つが

歯垢(プラーク)です。

歯垢(プラーク)とは、

細菌のかたまりの事です。

歯垢が上手に取り除けていないと、

歯垢の中の細菌が歯ぐきを炎症させ、

歯周ポケットが生まれてしまいます。

このポケットに汚れがたまると、

さらにポケットは深くなり、

歯周病へと悪化します。

50歳になるとなおさら歯垢

放っておいてはいけません!

歯周病が進行すると歯周ポケットも

どんどん深くなります。

このため汚れや細菌の量が多くなり、

歯垢がたまるようになってしまいます。

30代以上の日本人の8割以上は、

歯周病にかかっていると言われています。

50歳から65歳がピークだとも

言われています。

歯周病はある日突然、

重度の症状が出るのではなく、

徐々に進行する病気です。

歯と歯茎の境目についた

歯垢(プラーク)から、

歯の根にそって歯周病菌が入り込み、

歯を支えている周りの組織を

じわじわと壊していきます。

丁寧にブラッシングをしているつもりでも、

歯垢はついてしまいます。

最初は歯茎が腫れたり出血するだけ

なのですが、

進行すると歯周ポケットと呼ばれる歯と

歯肉の境目が深くなり、

歯を支える土台(歯槽骨)が溶けて

歯が動くようになり、

最後は抜歯をしなければ

いけなくなってしまいます。

歯垢がたまる前に、定期的な検診や

歯石取りが

大切になってくるのです。

喫煙は、歯に大きなダメージを与えるので、

歯を守るにはあまりお勧めできません。

歯周ポケットは、

細菌と体の免疫力の闘いで負けると、

より深くなってしまいます。

タバコは、歯茎の毛細血管を収縮するため、

免疫力を低下させ、

細菌の活動を促してしまうので

歯周ポケットが深くなってしまうのです。

o゚(p´⌒`q)゚o。 ビエェーン!!

では、歯垢をためない為にはどうればいいのでしょうか?

驚き!

50歳でもたまった歯垢が

劇的に取れます!!

毎日食後の歯磨きは丁寧にしましょう。

そして、いつでも口の中を清潔にしておき、

早い段階から予防することが大切です。

•柔らかい歯ブラシを使って

歯磨き粉を上手に使いましょう

•歯や歯ぐきを傷つけずに

丁寧に磨きましょう

•歯垢の取りにくい小さな隙間も

細かく磨きましょう

•歯磨き粉は、泡立ち過ぎないようにしましょう

そして、歯と歯のすき間などどうしても

歯ブラシの毛先が届かない場所の清掃には

歯間ブラシ、糸ようじ(デンタルフロス)

などを使って

出来る限り汚れを取り除く事です。

さらに、

歯周病に効果のある歯磨き粉を使って、

早めの予防をおすすめします。