40歳で歯が抜けるあなたは歯周病かも知れません

40歳で歯が抜けるあなたは歯周病かも知れません

30代以上で8割の方がかかっていると言う歯周病・・・

40歳で歯が抜けないようにしたい!

プロポリス配合の歯磨き粉がおススメ!

40歳で歯が抜けるのは

歯周病にかかっているかも知れません。

歯周病は高齢になるとかかると言う物ではありません。

30代以上で8割の人がかかってしまいます。

歯周病とは、歯と歯肉に近い部分についた

歯垢(プラーク)の中にいる細菌によって

引き起こされる病気です。

歯周病はある日突然、重度の症状が

出るのではなく、徐々に進行する病気です。

歯と歯茎の境目についたプラークから、

歯の根にそって歯周病菌が入り込み、

歯を支えている周りの組織を

じわじわと壊していきます。

丁寧にブラッシングをしているつもりでも、

プラークはついてしまいます。

最初は歯茎が腫れたり出血するだけなのですが、

進行すると歯周ポケットと呼ばれる

歯と歯肉の境目が深くなり、

歯を支える土台(歯槽骨)が溶けて

歯が動くようになり、最後は抜歯を

しなければいけなくなってしまいます。

あなたは下記の中でいくつ該当しますか?

◊ 朝起きたとき、口の中がネバネバする。

◊ 歯のブラッシング時に出血する。

◊ 口臭が気になる。

◊ 歯肉がむずがゆい、または痛い。

◊ 歯肉が赤く腫れている。(健康的な歯肉はピンク色で引き締まっています)

◊ かたい物が噛みにくい。

◊ 歯が長くなったような気がする。

◊ 前歯が出っ歯になったり、歯と歯の間に隙間がでてきた。食物が詰まる。

3つ当てはまると歯周病予備軍です。

6つ当てはまると歯周病が進行している可能性があります。

全部当てはまるとかなり進行しています。

放っておくと歯が抜け落ちてしまいます。

歯が抜けないためにはどうすればいいの?

重度になってから慌てて治療するのではなく、

早い段階から予防することが大切です。

歯が抜け落ちてしまわないように

歯周病の進行を止めるには、

歯垢をためないようにしっかり丁寧に

ブラッシングをすることです。

歯垢が付かないようにするには、

歯と歯のすき間などどうしても歯ブラシの

毛先が届かない場所の清掃に歯間ブラシ、

糸ようじ(デンタルフロス)などが

効果的ですね。

同時に広範囲な殺菌作用を持つ

薬用成分の歯みがき粉を使って、

歯周病菌や虫歯菌等の口腔細菌を

抑えましょう!!