30歳で歯槽膿漏になってしまったら・・・?

30歳で歯槽膿漏になってしまったら・・・?

歯槽膿漏ってどんな症状?

劇的に歯槽膿漏が良くなった!

プロポリス配合の歯磨き粉がおススメ!

現在の日本では30歳代の80%が

歯周病とも言われています。

歯周病とは、歯と歯肉に近い部分についた

歯垢プラークの中にいる細菌によって

引き起こされる病気です。

歯周病はある日突然、

重度の症状が出るのではなく、

徐々に進行する病気です。

歯と歯茎の境目についたプラークから、

歯の根にそって歯周病菌が入り込み、

歯を支えている周りの組織を

じわじわと壊していきます。

丁寧にブラッシングをしているつもりでも、

歯垢はついてしまいます。

最初は歯茎が腫れたり出血するだけなのですが、

進行すると歯周ポケットと呼ばれる

歯と歯肉の境目が深くなり、

歯を支える土台(歯槽骨)が溶けて

歯が動くようになり、

最後は抜歯をしなければ

いけなくなってしまいます。

虫歯のような痛みを感じにくいので、

自覚することなく進行してしまう

怖い病気の一つです。

歯ぐきが腫れたり歯ぐきから

出血したりしたら歯周病の警告です!

その歯周病の重度の症状を歯槽膿漏と言います。

歯槽膿漏とは、歯槽部で歯を支えている

周囲の組織が炎症を起こし、

うみがたまってくる疾患です。

歯肉や歯槽骨など,歯を支えている組織が

歯と接する歯肉の辺縁部から

破壊されていきます。

歯槽膿漏になってしまうと、

歯ぐきが腫れて痛みを伴い、

歯ぐきが膿でブヨブヨになります。

口臭があり進行すると歯が抜けてしまいます。

歯槽膿漏は高齢者だけがかかるものではありません。

近年では30歳でもかかる人がとっても多いんです。

歯槽膿漏になってしまったら・・?

歯周ポケットで細菌が増えるのを

防がなくてはなりません。

歯周病がひどくなっていたり

歯槽膿漏にまで進んでる場合は、

自分では治せません。

まずは歯医者に行って

歯石を取ってもらいましょう。

歯石取りは歯の表面にこびりついた汚れや、

歯と歯茎の間に溜まっている歯垢を

専用の機械や器具で取り除く治療を

してもらいます。

歯垢や歯石を取り除いてくれるので、

炎症を抑えることができます。

その後は歯槽膿漏にならない為に

自分でケアしましょう。

歯槽膿漏の予防には毎日のブラッシングが重要です!

ヘッドの小さい細くやわらかい

歯ブラシを使いましょう。

一本一本丁寧に磨きますが、

歯槽膿漏予防の歯磨き粉を使うといいですよ!

高品質のプロポリス入りの

薬用歯磨き粉をお勧めします。

しっかり歯磨きをしたつもりでも

いつの間にか歯槽膿漏になっているほどの

強敵ですが、プロポリスの抗菌・滅菌作用は

この口の中の細菌にしっかり作用してくれます。

抗酸化作用はプロポリスに含まれる

フラボノイドによるもので、

細菌をしっかり抑えてくれるのです。

しかも口臭を抑えてくれるという

うれしい働きもしてくれます。

「プロポリス」とは、ミツバチが

巣を守るために植物の新芽や樹液と

自身の分泌液を混ぜ合わせて作る物質で、

フラボノイドやアミノ酸、各種ビタミン・

ミネラルを豊富に含んでいます。

プロポリスはミツバチが巣の抗菌、殺菌の為に

作り出すもので、巣はきれいな状態に守られています。

プロポリスの抗菌、殺菌力ってすごいんです。

プロポリスの歯磨き粉を使って

歯槽膿漏を予防して

あなたの歯を守りましょう!!